韓国の男性下着の事情って?

男性下着でもオシャレをしよう!|人気ブランドの特徴って?

MENU

韓国の男性下着の事情って?

日本では男性下着はどんどんファッショナブルなものになってきていますが、お隣韓国でもそれは同様のようです。
今でこそ男性下着なども中国での海外生産で溢れかえっていますが、そもそも韓国はそれ以前から日本用製品の生産地として実績があったのです。
次第に経済の発展と共にコストが上昇し、委託生産自体は中国へとシフトしていきましたが、生産技術はしっかりノウハウとして確立していったのです。
更に、韓国自体の経済発展とともにデザインや企画力も備わってきましたから独自の男性下着ブランドも確立しつつあります。
こうしたブランドの後押しになっているのは、何といっても韓流ブームとまで呼ばれるようになった韓国ドラマのヒットがあります。
ドラマからは人気タレントが誕生し、そのファッションが注目されるわけで、今や、韓国発のファッションが発信されるようにもなってきました。
男性下着ブランドではAthlethic Men's Underwearの「S&R」がファッショナブルなアイテムラインで日本でもオンラインショップで販売されています。
「S&R」のコンセプトは、「feels like a second skin」とされていて、意味は第二の肌の感覚、となりますが、「まるで裸のままでいるような肌触りを実現するソフトフィット」を目指しているようです。
さて、ブランドのイメージづくりにはモデルが重要な要素となりますが、日本でも男性下着大手メーカーのグンゼが新庄剛志、長瀬智也、成宮寛貴などをCMに登場させています。
これはBODYWILDというブランドのイメージづくりをするためであり重要なのは明らかです。
「S&R」でもアスレチックイメージを確立するために韓国で有名なアスリートをモデルに起用しています。
それも徹底していて、水泳、レスラー、K1プレイヤー、ボディビルダー、ウエイトリフターなどさまざまな分野の韓国トップアスリートを起用し、ブランドのメジャー化を促進しています。
さて中心となるアイテムですが、それはボクサーブリーフとなっているようで、仕様もなかなか本格的です。
まずSappahireと呼ばれるモデルですが、人気のあるローライズスタイルで、素材は綿とスパンデックスを使用しています。
ピッチの細やかな生地なので肌触りがよく伸縮性にも優れ、ソフトにフィットするので締めつけ感が少ないのが特徴です。
一般的な男性下着と比較すると、フロント部分にもフィット感があり、セクシーに見えるカッティングとなっています。

5cmの幅があるウエストバンドは、S&Rオリジナルロゴ入りでかなりの存在感があります。
カラーはパステルトーンのサファイアブルーですが股の部分はシックなグレーで切り替えとなっており手間のかかった仕様となっています。
このようにカラー名が洒落ていて、他にもSupreme(シュプリーム)やMarineBoy(マリンボーイ)など、すべてこういうネーミングです。
韓国の男性下着もここまでお洒落になってきているのです。

関連ページ

男性下着はモデルで変わる?
男性下着も今では様々なブランド展開がなされています。女性だけでなく、男性も下着でオシャレを楽しむようになってきているのです。ここでは有名ブランドや人気ブランドの下着を中心に紹介しています。
男性下着を通販で購入する?
男性下着も今では様々なブランド展開がなされています。女性だけでなく、男性も下着でオシャレを楽しむようになってきているのです。ここでは有名ブランドや人気ブランドの下着を中心に紹介しています。
男性下着のランキングって?
男性下着も今では様々なブランド展開がなされています。女性だけでなく、男性も下着でオシャレを楽しむようになってきているのです。ここでは有名ブランドや人気ブランドの下着を中心に紹介しています。